本日、第二回泉岳寺講談会。
御来場ありがとうございました!


お陰様で、第二回も賑々しく開催させていただきました。

「切腹最中」でおなじみ、新正堂の社長も、本日はまた派手ないでたち!(笑)


お洒落は足元から。
ということで、なんと足にも47!


この靴、特注だそうです(笑)
華を添えてくださいました♪
ありがとうございました!

☆☆☆

この泉岳寺講談会は、両協会の初めての共催。
他の協会の先生方の話を聞く機会は滅多にないので、貴重な会でもあります。

師匠が高座に上がってるときには、裏で勉強している仲間たちが。


これ。

これが、この会の一番大事なところだと思うのです。

この普段は聞けない先生の話を聞ける、絶好の機会。

私が前座の時に、この会があったら、どれだけ嬉しかったことでしょう。

幸いな事に、私は、両方の協会の先生方とご一緒する機会に恵まれましたが、私より下の世代はなかなかそうはいきません。

若手の子たちにはね。
どっちがいい、とかでなく。
いろんなものを見て、聞いて、勉強してもらいたい。

そして、

お客様には、いろんな講談を、同じ場所で、楽しんで頂きたい。

講談師は、人数は少ないけど、とても個性的で、みんなそれぞれにカラーがあって、それぞれ魅力的だと思うのです。

一度に沢山楽しめる。

そんな、講談会の幕の内弁当のようになったらいいなーと、思っています。(あれ、例え、間違ってない?大丈夫?)

次回は、1月14日。

講談協会会長、宝井琴梅。
日本講談協会会長、神田紅。
両会長が揃います。


そのため、お正月料金。
料金がちょっとだけ上がってます。すみません。

でも、決して後悔させません!

ぜひ、ぜひ、お運びください!
よろしくおねがいします!

そんなわけで。


これから石川県にいってきまーす。

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

ログインする

または    

詳細をお忘れですか?

アカウントを作成する