貞寿です。

 

ちょっと更新していないと、時節柄「コロナ感染した?」と思われそうなので、ブログ更新しておきます(笑)

 

いや、コロナにはかかっておりませんが。

 

実は、

まさか、まさか。

 

三度目のアニサキスにかかっておりました…(涙)

 

なんなんでしょう。

普通の人は、人生で一度も発症することがない、という、アニサキス。

100万人に3人しか発症しない、アニサキス。

それなのに、私、三度目です…。

 

知らない人のために書きますと、

アニサキスというのは魚の中にいる寄生虫。

結構、ポピュラーな寄生虫で、サバ、ホッケ、イカ、サーモン…など、いろんな魚に生息しており、生食で食べたときに感染します。

 

つまり、どういうことかというと、

 

魚を生で食べる→魚の中にいたアニサキスが人間の身体に入る→しかし、人間の身体の中では生きていけないから、苦しくなったアニサキスは胃を食い破って外へ出ようとする→人間は死ぬほど痛い!!

 

…という。

文字にしてるだけで、痛いわ。

 

なにも、特別なものを食べたわけじゃないんです。

お昼に、近所の海鮮居酒屋で、お刺身定食を食べただけ、なんです。

 

 

 

ね。

普通、でしょ。

おいしそうでしょ。

まさかここに、アニサキスがいる、なんて思わないでしょ?

同じものを食べた家族は、なんでもないんです。

 

でも、私だけが、アニサキス。

 

お昼にお刺身定食を食べて。

15時くらいから胃が痛みだし、胃薬を飲みながら、その場をしのいでおりましたが、薬がまったく効かず、差し込むように痛みを増す様子に…

 

「こ、これは…この痛みは…まさか…」

 

懐かしい〜痛みだわ〜ずっと前に〜忘れていた〜♪

 

スイートメモリー、歌ってる場合か。

 

22時を超えたところで、アニサキスと確信。←経験者だから。

0時を超えると、もう、胃を抱えたまま動けなくなるくらいの激痛。

 

「救急病院に行こうか、それとも、朝までなんとか我慢するか…」

 

救急病院に行っても、内視鏡でアニサキスを摘出しなければ痛みは消えないので、すぐには見てもらえるとは限らない。

ましてや、コロナ禍中、救急医療にお世話になるのは申し訳ない。

 

痛みには波があって、「激痛⇔普通に痛い」が交互にやってくるのもわかっていたので、痛みが少し治まっているときを狙って、近所で、すぐ内視鏡をやってくれそうな病院を検索。

口コミに全部目を通して、良さそうな病院をピックアップして、ネットで受診を予約。

痛みで一睡もできないまま、朝一で病院に行ってきました。

 

病院に行って、事情を説明し、内視鏡でアニサキスを摘出。

(やっぱりいた…)

 

帰宅後、薬を飲んで、爆睡。

 

いまは、胃に多少痛みはあるものの、アニサキスの激痛に比べたら、もう、完治!といってもいいくらい。

 

病院から保健所に連絡がいくことになってるらしいんだけど、いま、保健所ってものすごく忙しい時ですよね。

手を煩わせてしまって申し訳ないです…。

 

まだ胃が荒れていると思うので、しばらくは胃にやさしい暮らしを心がけようと思います。

 

皆さんも、コロナはもちろん、生魚にも気をつけて~!

 

©2022 一龍齋貞寿

赤井情報網

ログインする

または    

詳細をお忘れですか?

アカウントを作成する