暖かいを超えて少し暑いくらい。

一気に春めいて、花粉が飛びまくりですね…💦


おはようございます。

貞寿です。


昨日は、三扇会でした。

御来場くださいました皆様ありがとうございました。


↑公式からお写真お借りしました

今回は「華」というテーマ。


太福さんが「祐天吉松 飛鳥山親子の出会い」


…これは私もやる話で、浪曲では初めて聞きましたが、筋はまったく一緒ですね。

当たり前ですけど。

でも、同じ話でも、節で聞くとまた違う趣き。

節が入るから当たり前ですけど、筋の運びが早いんですね。

トントンと進んで、節で聞かせるのね。


私は、琴柳先生に許可を頂き、小金井芦州先生の形で読ませていただいています。

改めて、釈でこの話をやるには、これ以上ない、というくらい完璧な本だ、と実感しました。

さすが、芦州先生。

年季が経つにつれ、芦州先生の素晴らしさが身に沁みます。


私は、趣きを変えまして、

悪の華…悪女、というコンセプトの元、「お富与三郎 玄冶店」


本当は、秋色桜を邑井貞吉先生の形で覚え直してやってみようかな、とも思ったのですが、伝承の会でいっぱいいっぱい💦

中途半端にやるのは失礼よね、と思い直し、今回は見送りました。


一応、持ってるんですけどね、秋色桜。


前座の頃、何度か読ませていただきました。

でも、あまり合わない気がして、一度は「もうやらないかな」と思った話ですが、貞山先生が(多分)最後に高座にかけた話だから、もう一遍、テコ入れしてやってみよう、と思っています。


いつか、必ず。


トリは、たけ平兄さんが「百年目」

45分超の長講!

聴き応えある見事な一席。

さすがのトリの一席でした。


全員二ツ目から始めた三扇会。

たしか25回くらい続いているのかな?

太福さんといい、

たけ平兄さんといい、

改めて芸達者な人たちと一緒に会をさせていただけて、ホントありがたいです。


次回は、九月九日。

重陽の節句の日、です。


貞寿がトリになる予定。


頑張ろう!!!


次回も、よろしくおねがいします!


©2022 一龍齋貞寿

赤井情報網

ログインする

または    

詳細をお忘れですか?

アカウントを作成する