おはようございます。
貞寿です。
 
昨日は、一門全員であちこちお参りDAY。
 
まずは、ここ。
夏前にお参りが欠かせない
「田宮稲荷神社」
 

 

言わずと知れた、お岩さまのご実家。

怪談シーズンの前に、必ずお参り致します。

今年もこれで準備万端!(ホント?)

安心して怪談を読むことができます♪

(安心できる怪談って…)

 

そして、そのまま、浅草へ回りまして

「永見寺」

遊女玉菊のお墓があります。
 
(通常は写真撮影禁止ですが、許可を頂きました)
 
師匠は10月の「玉菊灯籠」を読まれるので、その前に、と一門で足を運びました。
師匠の会が無事に行えますように…
 
浅草でお昼ご飯を食べた後は、巣鴨へ
 
お岩様のお墓がある
「妙見寺」
 
 
基本的には、田宮稲荷にお参りすればいい、らしいんですけど。
うちの一門では、神社とお寺、両方足を運びます。
なんでも、いまではお岩様のお墓に願掛けをしたりするパワースポットにもなっているそうです。
もともと、モデルとなったお岩様は良妻賢母ですから、女性におすすめのパワースポットかもしれません。
 
そして、
 
おそらく、新たなパワースポットになっているに違いない。
妙見寺のお隣にある
「善養寺」
 
 
貞水先生のお墓があります。
 
なんか、グッときます。
泣きはしませんけど。
ここに先生はいないですもんね。
 
ここ善養寺は、江戸三大閻魔の一つがあり、
「おえんまさまの寺」
と言われているそうな。
 
なかなかおっかない顔の閻魔様で。
ちょっと、生前の貞水先生を思い出したのはナイショです。
 
一門でぐるっとお参り。
 
師匠が随所で史跡の説明をしてくださるので、
まるで「貞心先生と行く貸切お参りツアー」のよう。
 
 
一門でわいわい。
ちょっと贅沢なひとときでした。
 
☆☆☆
 
さて。
 
本日は、花便り寄席。
 

☆6月24日(金)
新鋭女流花便り寄席

 


【開演】12:00
【出演】阿久鯉、マリア、志ら鈴、凌天、実子(曲師=水乃金魚)、貞寿、紅純、紅希、小琴、他
【場所】上野広小路・お江戸上野広小路亭
【木戸】前売1500円、当日2000円、他
【問合】03-3833-1789

 

※おなじみ花便り寄席。

開口一番から小琴ちゃん、紅希さん、紅純さんが並ぶの、いいですね!

お後は、凌天さんに、阿久鯉姉さん。

講談率、高っ!

 

どうぞ、開口一番からご覧ください♪

 

皆様のご来場お待ちしております!
 

©2022 一龍齋貞寿

赤井情報網

ログインする

または    

詳細をお忘れですか?

アカウントを作成する