寒いッ!

なんなんでしょう、この天気。

花粉の上に風邪なんぞひいてしまったら目も当てられません。

皆様、防寒、大丈夫ですか?

 

貞寿です。

 

今日は貞心会。

足元の悪いなか、お運びくださいましてありがとうございました。

今日は、楽屋に懐かしい人の姿が。

この方、ご存じでしょうか?

あ。まちがえた。
こっちこっち。

 (あんまり変わってないかしら)

この恥ずかしそうな方。

10年前まで、うちの師匠の弟子だった

一龍斎貞秀 兄さんです。

廃業されてから、

しばらくの間はお笑いなどの舞台に上がっていらしたそうですが、

現在は結婚して二人のお子さんに恵まれ、

この度、実家のある地方へ戻られるとのこと。

そのご挨拶においでになりました。

もともとは、貞花先生の弟子だった兄さん。

そこから、貞丈先生の弟子になって、

貞丈先生亡き後、

うちの師匠の弟子となった兄さん。

歯が悪くて、煎餅も、烏賊も、ピザの耳も食べられなかった、兄さん。

普段は温厚なのに、唐揚げにレモンをかけると烈火のごとくに怒りだす、兄さん。

回転寿司では、穴子ばかり食べて、師匠に叱られていた、兄さん。

そして、

私の真打披露にも来てくれた、兄さん。

「貞寿さんの初高座の三方ヶ原を録音したテープ、持っててさ、昨日聞いたんだけど、貞寿さん、うまくなったねぇ」

うん、ありがとう、兄さん。

そのテープ、いますぐ捨ててね。

(でも捨てる前にコッソリ聞いてみたい気もする。どれだけ下手くそだったんだろ?)

師匠の廃業した弟子の中で、

二ツ目まで続いたのは兄さんだけ。

師匠の会に来てくれるのも兄さんだけ。

そして、多分、

講談が本当に好きだったのも兄さんだけ。

どこにいっても、

なにをしてても、

貞秀兄さんは、私の兄さん。

懐かしい人に会えて、

嬉しい貞心会でした。

☆☆☆

明日は、伝承の会です。

当日券は数枚出るそうですよ。

長丁場ですので、

休み休みお付き合いください。

ご来場お待ちしております。