貞寿です。

今日は、師匠宅にお稽古に伺っておりました。

 

本日教えていただいたのは、

師匠が昭和48年にネタおろしした話、だそうで…

 

え?昭和48年?

私の生まれた年じゃない!

 

そんな45年物の熟成された話を教わってきました。

流石に、若いころに作った台本、というだけあって、今読むといろいろ気になる点も。

 

「うん、これ、前半もっと簡潔にしてさ、後半に盛り上がるように作り直していいから。 何しろ若いころに作ったもんだからよ、作り方が荒いんだよ」

 

稽古が終ったあとも、師匠と台本見ながら、

「このあたり、膨らませたくなりますよね」

「うん、だからさ、このあたりはばっさり切っちゃっていいよ、長くなっちまうからよ」

とか言いながら、講談についてあれこれ話す楽しさったら!

しかも、師匠の台本の手直しについて、私が意見するだなんて!

私も、師匠とこういう話ができるようになったんだなぁ…。

しみじみ…。

 

今年に入ってからは、月イチくらいでしか師匠とお会いしてなくて、御自宅に伺ったのは実に二ヶ月ぶり。

二つ目までは、しょっちゅう伺っておりましたが、流石に真打になると、足が遠のくもんなんですね。

 

その、久しぶりに伺いました貞心宅で。

衝撃的な物が飾られてました。

 

「師匠…もしかして、この写真って…」

「うん、アタシだよ」

「ええええええっ!!」

 

私が驚愕した写真が、コチラ!!

大友良雄(←うちの師匠の本名)

このとき、18歳!

(タバコ持ってるけど!)

 

「イケメンじゃないですか!」

「そうだよ」

「足も長いじゃないですか!」

「まあな」

「なんの写真なんですか、これ!」

「昔、モデルやってたときの写真だよ」

「し、師匠、モデルもやっていたんですか!」

「そうだよ、おまえ、知らなかったの?」

 

ああ。

師匠のことは大抵知っているつもりでしたが。

役者やる前は、モデルやっていたんですって。

知らなかったなぁ。

 

言われてみれば、師匠だわ。

よくよく見れば、面影あり。

 

「師匠って…イケメンだったんですねぇ…」

「おい、過去形にするなよ」

 

正直な弟子でスミマセン。

 

でも、師匠。

 

この写真をわざわざ額装して、リビングに飾ってしまう。

そんな師匠が、私は大好きです(笑)

 

いいものを見せて頂いたので、皆様にもおすそわけ☆

 

「師匠に顔がそっくり」

と言われるのが、少し嫌じゃなくなる。

そんな衝撃の写真、でした。