おはようございます。

貞寿です。

 

昨日は、しのばず寄席。

 

きんかんさんと一緒でした。

 

はい。

 

宝井琴柑さんではなくて…

 

三遊亭金かんさん。

前座さんです。

思わず、

「ええ?きんかんさんっていうの?」

と聞いてしまったら、

「はい…すみません…」

と謝られてしまいました。

なんでも、最近、初めて琴柑さんに会ったそうです。

こういうのって、やっぱり、

「紛らわしくてすみません…」

って気持ちになるんでしょうね。

 

いやいや、別に私に謝らなくてもいいんだけどね。

 

こういうこと、最近、良くありまして。

 

噂によりますと、浪曲界には新人さんで「すみれさん」がいるらしい(笑)

うわー!なんか意味なく、

「すみれちゃん、ジュース飲む?御馳走するよ?」

とか、ちょっと上から目線で言ってみたい。(笑)

私は、まったく会ったことないんですけど、おいくつくらいの方なんでしょうね。

 

そういや、浦太郎師匠のお弟子さんには、東家恭太郎さんって方がいらっしゃって、衝撃をうけたことがありました。

たしか、還暦近い方なんだけど、でも、芸歴は私の方が上だから、ここぞとばかりに、

「ねえ、恭太郎さん」

と話しかけちゃったりしました。

きょうたろう、さん、って!

言う度、私だけがニヤニヤした、という。(笑)

 

流石に、「貞寿」という方に御目にかかったことは有りませんが、同じ字で「さだとし」という読む方はお会いしたことがありました。

また、愛知県の「貞寿寺」や、大阪にある「貞寿庵」には、一方的に関心を寄せております。

なんか、同じ名前って、親近感湧きませんか?

芸名じゃなくても、本名が一緒だと、「おお!」と思ったり。

 

ちなみに、「貞心」検索すると、曹洞宗の「貞心尼」が一番最初にヒットします(笑)

また、師匠の本名は「大友良雄」

内蔵助の本名は「大石良雄」

思わず「一字違いで、大違い!」と言ってしくじったことがありますが、きっと、師匠も勝手に親近感を感じていることでしょう。

 

琴柑さんは、前座の頃、とてもしっかりした前座さんだったので、金かんさんも、きっとしっかりした前座さんなんだろうな。

なんか、勝手に親近感。

ちょっと嬉しい楽屋、でした♪