表題について。

 

私はチケット予約にはかかわっていないのですが、事務方担当としてご報告いたします。

 

10月1日10:00~予約開始となっておりましたが、申し込みが殺到したために申し込みできない状況となり、ご迷惑をおかけしてしまいました。

申し訳ありませんでした。

時間前から過度なページ再読み込みが殺到したため、システムが対応できなかったようです。

その後、復旧したのですが、数分の内に完売となってしまいました。

 

その件につきまして、

「後日に再設定すべき」

「抽選にすべき」

「電話でも予約を受け付けてほしい」

「時間前に申し込んだら無効にされた」

等々、様々なお声もいただいておりますが、

当会は、講談協会と日本講談協会が合同で行っている定期演芸会でございます。

システム的にも、マンパワー的にも、対応できかねることが多々ございます。

また、「〇〇さんが出ているから」という理由で、その時だけ特別な予約方法を設定する、という性質の会でもありません。

今後も最善を尽くしてまいりますが、ご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございません。

 

前売り券について。

 

当会にご来場いただいたお客様には、次回の前売券(お一人1枚まで)を購入できる、という特典がございます。

そのため、ご常連のお客様は、出演者が誰かに関わらず、比較的スムーズにチケットを購入いただけているかと思います。

しかしながら、前売券の販売は、最大で全体の半数までとさせていただき、あとの半数以上は、一般予約ができるようにしております。

一部で言われております

「前売りでほとんど売れてしまって残っていない」

ということはありません。

全体で70席前後しか作ることができないので、数が少ないことに変わりはありませんが、それでも、最大数を販売できるように、最善を尽くしております。

今回は、会場内を整備し、約80席ご用意させていただきました。

(それでも数が少ないことには変わりませんが)

また、

「もっと大きな会場でやってほしい」

というお声もいただきましたが、泉岳寺講談会はあくまで泉岳寺で開催している会なので、これ以上の規模で行う予定は現状ありません。

 

ご購入いただけなかった皆様には誠に申し訳ございません。

 

叶うならば、

今回、ご予約が叶わなかった皆様には、ぜひとも、講談協会、日本講談協会で行われている定席などに足を運んでいただけましたら幸いです。

場所は変われど、両協会の協会員がそれぞれの協会の定席に出演しております。

また、個別に出演している演芸会なども盛んにおこなわれております。

協会や個人のホームページ、SNS、チラシ、東京かわら版などから情報は入手できると思いますので、ぜひ、そちらにも足を運んでいただきますようお願い申し上げます。

 

上記、ご理解いただけると幸いです。

 

なお、本件につきまして、電話でのお問い合わせは出来る限りご遠慮ください。

 

問い合わせは、

公式メールアドレス sgjkodan@outlook.jp

こちらにお願いします。

 

また、私個人にお問い合わせいただきましても、個別にお答えすることは出来かねます。

 

何卒ご了承くださいませ。

 

今後とも、いい会になるように尽力してまいります。

泉岳寺講談会をよろしくお願いいたします。

 

貞寿拝

©2022 一龍齋貞寿

赤井情報網

ログインする

または    

詳細をお忘れですか?

アカウントを作成する