昨日は寒かったですねぇ…。

貞寿です。

 

明後日。

12月11日は、今年最後の貞寿の会です。

 

☆12月11日(土)
一龍斎貞寿の会

【開演】13:30
【出演】貞寿
【場所】神保町・らくごカフェ
【木戸】当日2500円、予約2300円
【問合】03-6268-9818

 

なにを読もうか。

義士伝をネタおろししつつ、3席やろうか、とか。

色々考えたんですけども。

 

結論!!


は組小町


それと、

「錦の舞衣(前)」を読ませていただこうと思います。

 

この「錦の舞衣」というお話は、圓朝師御作で、長い長いお話。

正直、おいそれとは手が出せない話です。

「いつかやりたい」と思いながら、ずっと、ずっと、手が出せずにいた話です。

 

この話をやるために、お富与三郎を1年半かけて読んだ、と言ってもいいくらい。

 

この1年半…コロナで、暇だったからできたことだと思いますが、

「お富与三郎全27話ネタおろし」

「全27話あらすじ動画UP」

「ひとりで通し公演」

…等々、自分なりに結構頑張ったかな、と。

 

頑張った分、少しは成長している…んじゃないかな…多分…

(↑自信はない。笑)

 

いまなら、少し、やれるかもしれない。

 

そう思って、いよいよ、念願の「錦の舞衣」に挑戦することにしました。

 

すぐに、納得いくように読めるとは、とてもじゃないけど思えない。

でも、来年一年かけて、少しでも読めるようになったら…。

 

そんな話の序開きを申し上げたいと思います。

 

実は、先日行われた三扇会で、同じ話をネタおろししているのですが、少し先の方まで、話をすすめてみようと思います。

 

ふうううう。←緊張。

 

なお、貞奈さんが出演予定でしたが、休業中の貞司君の代演に行くことになりましたので、私の会の方はお休みとなりました。

 

貞寿、ひとりで頑張ります。

 

よかったら、お運びください。

ご来場、お待ちしております。

©2022 一龍齋貞寿

赤井情報網

ログインする

または    

詳細をお忘れですか?

アカウントを作成する