貞寿です。
 
昨日は、
昼 花便り寄席
夜 暮れの鈴本琴調六夜
でした。
 
ご来場くださいました皆様、ありがとうございました!
 
昼間は、花便り寄席で、トリ。
12月24日は、クリスマスイブ、でもありますが、国本武春師匠の御命日、でもあります。
極月、一龍齋がトリならば、やっぱり義士伝かな、と。
「南部坂」を読ませていただきました。
 
私は、武春師匠の「南部坂」を聞いたときに、
「ああ、この話、やってみたい」
と、初めて思いました。
私が、「南部坂」を読めるようになったのは、武春師匠のおかげ。
 
そんな思いを込めまして、一席。
 
沢山のお運び、ありがとうございました。
 
☆☆☆
 
そして、夜は、年の最期に一番緊張する会。
「暮れの鈴本琴調六夜」
に出演させていただきました。
 
鈴本演芸場の前にはためく、琴調先生の幟。
 
 
ああ…緊張する…。
 
鈴本演芸場さんには、二ツ目の頃、同じく暮れの琴調先生の会に出演させていただいたことがありましたが、真打になってからは初めて。
 
恐る恐る、お邪魔いたしました💦
 
講談のお客様から、続々と届く楽屋見舞。
 
 
「クリスマスっぽいチョコレート菓子だから、クリスマスっぽく盛り付けてくれ」
という、琴調先生のリクエストに、
「はい」
と答えた前座さん。
 
やがて持ってきたのは、竹笊。
 
 
うん。
クリスマスというより、鮮魚盛り。
ナイス、盛り付け。←盛り付けって。
 
ふと見ると、前座さんたちがね。
 
微妙に色の違う、「緑色」
 
なに、落語協会では、前座さんは緑を着るように言われているの?
それとも、クリスマスだから緑にしたの?
 
「いいえ、違います、たまたまです」
 
だそう。
 
たまたま、で、これだけ色が被ることってある?(笑)
チームワークがいいのかな。
前座さんたち、可愛かったです❤
 
そんな前座さんたちや、久しぶりにお逢いした正楽師匠に癒されつつ、
天どん兄さんと話がまるかぶりしつつ(笑)
確信犯で、クリスマスの新作を読ませていただきました。
 
「いいんだよ、クリスマスなんだから。そういうことが許される日だよ」
 
あとから、確信犯でネタかぶせた私を許してくれた天どん兄さんの優しいこと!
兄さんにそう言っていただいて、がっつりネタかぶせる決心がつきました。
本当は、ダメなんですけどね…💦
でも、クリスマスの日は、クリスマスの話、いいですよね?ね?💦
 
皆様のおかげで、緊張に打ち震えながら、久しぶりの鈴本演芸場での高座を楽しく終えることができました。
 
ありがとうございました!
 
「暮れの鈴本琴調六夜」は、26日まで!
ぜひとも皆様、お運びくださいませ!
 
☆☆☆
 
そして、明日は。
再開した道楽亭で柳枝さんと二人会です。

 

☆12月26日(日)

一龍斎貞寿・春風亭柳枝二人会

【開演】14:00
【出演】貞寿、柳枝
【場所】道楽亭
【木戸】予約 3000円、他

 

 

さて、どんな感じになっておりますやら。

気になるお客様は、ぜひ、お運びください(笑)

 

よろしくお願いします!

©2022 一龍齋貞寿

赤井情報網

ログインする

または    

詳細をお忘れですか?

アカウントを作成する