本日、ネコリパ寄席、でした。

ご来場の皆様ありがとうございました!
今日は、新作をやるか、古典をやるか、悩んでました。
今日、皆さんに紹介したい猫はいたのですが、この子が「多頭飼育崩壊」によって預けられた子でね。
なかなか厳しいテーマなので、話を作るのが難しかったのです。
「多頭飼育崩壊」とは、無計画な繁殖により、多頭飼いとなり、飼育困難となってしまうことです。
この多頭飼育崩壊っていうのは善意から始まることも多くて、飼い主自体は悪気がなかったりする。
可哀想だから…と軽い気持ちで野良猫を飼い始めたら、あっという間に増えてしまって手に負えなくなるってパターンが多いそうです。
というのも、猫の繁殖力ってハンパなくて、一回の出産で4~5匹生まれ、さらに生後半年たてば子供たちも繁殖可能となり、メス一匹あたり年間3~4回子供を産む…となると、2匹のペアが一年で20匹にもなってしまったりする、らしいです。
知識のない繁殖がいかに恐ろしいか。
でも、飼い主はさ、悪気はないんだよね。
子猫、可愛いもん。
可愛い、可愛いって手放せなくなっている内にまた子供が生まれるんだよね、きっと。
今日はそんな、多頭飼育崩壊の話。
一人暮らしのお婆さんが、寂しさを紛らわすために飼った一匹の猫から、多頭飼育崩壊が始まる…って話。
最後は絶対にハッピーにしたかったので、終わりをどうしようか悩んで、悩んで。
どうしても浮かばないから、やっぱり今日は古典にしようか…と思っていたのだけど、行きの電車の中でヒョイと切れ場が思いついたので、思い切ってやってみました。
多頭飼育崩壊~ジュリの生い立ち
今日、来て下さったSさんは、このネコリパ寄席を通じて、ジュリちゃん、という猫と出会い、この度、ジュリちゃんの里親となることが決まりました。

ジュリちゃんは、多頭飼育崩壊によってネコリパに来た子でね。
始めは随分臆病で人慣れしない子だったそうです。
それでも、スタッフさんやお客さまの暖かい目に見守られ、おっとりとした子に育ちました。

この寝顔のマヌケな感じがたまりません!ヾ(≧∇≦)
Sさんは、私も良く知っている、とても素敵なご夫婦で。
ジュリは幸せになれること間違いなし!です!
ちなみに。
ジュリちゃんの名前には、漢字をあてるそうで、私から一文字とって「寿貍」とするそうです。
ああ、もう!益々可愛いわ!
この子の素晴らしい出会いのきっかけになれたのが、本当に嬉しいです。
ほかにも可愛い子たちが沢山いるのよ。

いちゃつく仲良し二匹の様子は、動画でお楽しみ下さい♪
若い子から、ちょっと大人な子。
やんちゃな子、お淑やかな子、気難しい子、空気読めないお調子者…
いろんな猫さんが集まってます。
キャバクラならぬ、ニャバクラ。
きっと、アナタが気に入る子もいるはずです!
こんな可愛い子たちに囲まれてのネコリパ寄席。
毎月、第二土曜日開催です!
猫好き芸人がランダムに出演!
ぜひお運びくださいませ!
ちなみに、私は、
帰ったら速攻お風呂に入って、服を全部洗濯機に放り込み、うちの猫に「若い猫の臭いがする!!」とヤキモチ妬かれないように頑張ります!(笑)